スマートフォンの基礎「各部の名称」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スマホの各部の名称について

スマートフォンの基礎中の基礎、各部の名称についてご説明します。

これがわからないと操作も出来ないですし、説明を聞いても理解できないと思います!

しっかり図解にて解説いたしますのでご安心下さい!

各部の名称と役割について

スマートフォンによって、ボタンなどのある場所は変わります。

ここでは、恐らく日本で一番売れているソニーの「XPERIA(エクスペリア)」をもとに解説していきます。

まず、下図をご覧ください。

番号ごとに名称と役割について説明していきます。

①電源ボタン

スマホの電源を入切するボタンです。

長押しすると画面に「電源を切る」「再起動」などのメニューが表示されるので、項目を選択してタッチすると実行されます。

また、短押し(軽く一回押す)とスリープ(画面を暗くすること)の入切が出来ます。

②ボリュームコントロールボタン

音量の調節が出来ます。

基本的には着信音の調節となります。ボタンの上部を押すと音量が上がり、下部を押すと下がります。

また、ゲームや動画を見ている時に押すと、その音量を調節出来ます。

③インカメラ

主に自撮り用(自分撮り)のカメラです。

④スピーカー/受話口

通話時の相手の声を聞くための受話口です。

また、動画やゲームの音を出力するスピーカーの役割もあります。

⑤近接/照度センサー

主に通話時に使うセンサーです。

通話中に顔の接近を感知して、タッチパネルの誤作動を防ぐためのセンサーです。

また、画面の明るさを自動で制御する役割もあります。

⑥アウトカメラ

外向きカメラです。

説明不要かと思いますが、写真撮影のためのカメラです。

⑦スピーカー

④のスピーカーと同じで、ゲームや動画の音を出力しているスピーカーです。

⑧USB Type-C接続端子

主に充電器を挿す場所です。

⑨タッチスクリーン

メイン液晶画面で、ここをタッチしてスマホを操作します。

スマホで一番使う場所ですね!

 

※ちなみに通話時のマイクは、本体の下部にあります。

本体下部を見ると小さい穴が開いていると思います。それがマイクです。

スマートフォンのマイクは、ほとんどここに付いています。

以上が、スマホの主な各部の名称となります。

他にもセンサーなどがありますが、基本的に使うボタンなどはこれくらいだと思います。

なので、これだけ覚えておけばOKです!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© プロが教えるスマホの使い方! , 2018 All Rights Reserved.